花粉症歴20年の僕がたどり着いた!間違いないアイテム3選!

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

またまた花粉症ブログ更新します。

花粉症って本当に辛いんですよね。。。

なってない人にはわからない。

・目のかゆみ

・鼻ムズムズとくしゃみ

・なんか喉とかも痒い

・目と鼻の周りが荒れる

・頭ボーッとする

ひどい人になると、発熱や喉の痛み、頭痛といった症状もありますよね。

 

僕も小学3、4年くらいから花粉症だったので、花粉症歴は20年くらいです!!

 

そんな僕がたどり着いた最高のアイテムを3つ紹介します!

※この子達にお世話になってます。

・薬はなるべく飲みたくないという人は試して見る価値ありです。

 

①痛くない鼻うがい「ハナノアa」

まずは鼻うがい!

みんな口をゆすぐ「喉うがい」はする人が多いですが、鼻うがいはあまりされてない人も多いかと思います。

 

まぁ、御察しの通り、鼻から液体を入れて口から出すんです。。笑

慣れないとちょっと難しいかもしれませんが、

これ「正直めっちゃ気持ちいいんです。。。」

水でやっちゃダメなの?と思われるでしょう。

はい、水でやっちゃダメです。

水でやると、プールで鼻から水が入ったときと同じでめっちゃ痛い。

やり方はいたってシンプル。

①器具に洗浄液を入れる

②液を鼻の中に流し込む

③洗浄液を口から吐き出す

※洗浄液を鼻から流し込む容器がこれ!

鼻の奥、喉、口の中にある「花粉やほこり雑菌」が洗浄液で殺菌され、しかもミントの香りで清涼感が最高です。

外出後にくしゃみ鼻水がひどくなるって人。

かなり楽になりますよ。

何より気持ちいい。。

②花粉・ハウスダスト洗眼薬「フレッシュアイAG」

洗眼薬は馴染みのある人が多いでしょうね!

※こんな感じ

この商品の優れたところは

ただ目を洗うというだけでなく

・目の不快感の原因物質を取り除く

・炎症を鎮める(充血、かゆみ、痛み)

・目の新陳代謝を促進

する、有効成分も含まれていて目にも優しいんです。

 

※キャップはこんな感じ。

寝起きや帰宅後、職場に置ける人は職場でも。

1日3〜6回できるので、こまめにやるとより効果的です。

これまたやっぱり気持ちいい。

良い感じの清涼感で最高ですよ!

花粉症の時誰もが考えること

「目ん玉取り出してゴシゴシ洗いたい!!」

という夢を実現してくれる一品です。

まじ最高なんです。

眠気覚ましにもいいですしね^ー^

③ロートアルガード「クリアブロックEX」

これはちょっとお高めですが、普通のアルガードよりも断然おすすめです。

とにかく目が痒くてしょうがない!!

でも、洗眼する時間がない!!持ち運べないし職場に置いとけない!

という方はこれ!

※ まじで一滴で抜群にスッキリします。

ケースの色はもっと清涼感のある感じにして欲しいけど。。。笑

でも、ロート製薬さんが

「アレルギー専用 眼科用薬」として自信を持ってオススメされているだけあります。

・アレルギー抑制

・炎症を抑える

・かゆみを止める

と、強めの清涼感が目のかゆみから解放してくれます!!

まさに一撃

痒くなる前や外出する前にすると、元々のかゆみが軽減されることもあります。

 

まとめ

生活習慣やマスク、メガネなど花粉が体内に侵入するのを抑えることももちろん有効です。

しかし、完璧というわけにはいかないですし、防ぎ続けることもできません。

そして、薬は眠くなるし体に良い感じがしない…でも症状は抑えたいという人には、「洗眼薬」「鼻うがい薬」「目薬」をうまく活用して、この数カ月を乗りきりたいですよね^ー^

花粉症の季節が今から5月ごろまでだとするとだいたい3ヶ月。

今回紹介したようなアイテムは一気に買うと2000~3000円と少しかかりますが、1日換算すると 30円?くらいなので僕はそれで、快適に過ごせて、仕事も遊びも楽しめるなら安いなと思っています◯

 

[編集後記]

花粉症対策そして、腸内環境を整えるため「甘酒」を自分で作って食べてます。ヨーグルトメーカーで簡単にできます◯

なんか、症状がマシな気が。。。

花粉症になったことで、いろんなことを調べるようになったし、こうやって人にも進められるものが増えてるので悪いことばかりではないですね。

 

[娘日記]

自分の意思、こだわりがものすごく出てきて、何をするにも時間がかかります。笑

今朝は僕にエプロンを付けろ、と差し出してきたり、パンをいい感じに焼かないと怒っていました。笑

ほとんど言葉としては成立してないですが、意味がわかるようになってきて、笑っちゃいます。

まぁ本当にダメなことは叱ったり、意味は通じなくても話して行くようにはしていますが。

これを受け入れられるように、時間に余裕を持って接したいと思います^-^

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す