【腰椎すべり症】は早い段階で運動療法を適切に行うべき。物理療法では根本的解決にならない可能性が高い。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

世の中には腰痛を抱えている人はかなり多いでしょう。

①筋・筋膜性腰痛という筋肉の張りによる腰痛

②椎間板ヘルニア・腰椎分離症・すべり症

が結構多いです。

皆さんも一度は聞いた事があるでしょうね。

特に②は病院でレントゲンやMRIをとらなければわかりません。

症状とそれを誘発する動きを見れば80%くらいの確率でわかるのですが。)

今日は②のすべり症についてです。

腰椎すべり症とは

腰椎(脊椎)は積み木のように骨が緩やかなS字状に並んでいて、重力によってかかる負担を分散させています。

運動器障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 p140 より引用

一番左の絵で、細かい数字とかは無視ですいいです◯

左の絵の「腰椎前弯角」の部分で、腰椎を構成している骨の一つが前方に滑り出し、痛みを誘発したり、神経圧迫をしてしまうんですね。

腰椎すべり症の運動療法

すべり症の場合、よっぽど症状がひどくない限り手術による治療は行いません。

実際に、すべり症と気付かずに過ごしている人はかなり多いです。

慢性腰痛の人は一度調べて見てもいいかもしれませんね。

で、手術によって滑った骨を正しい位置に戻し、それを固定するような手術をするという治療法と

運動療法によって、これ以上骨が滑って症状が強まらないように、

症状が出ないようにしなければ、治療法としては意味をなしません。

 

一時的な疼痛の緩和、筋肉の張りなどを解くアプローチを行っても、すっとやり続けなければなりませんし、筋肉の弱体化によって症状を悪化させてしまうこともあります。

マッサージ、電気や針、お灸などがそうです。

東洋医学的なアプローチを行っても、骨の滑りが解消されることはないので。

だから、運動療法は必須なのです。

股関節周辺(特に前面)、呼吸、腹筋群、運動パターンの改善

などなど、いろんなアプローチができます。

 

これからの時代、運動療法は本当に大事です。

そういった専門家が近くにいる事が、さらに大事です。

そして、それの重要性に気づいている事がもっと大事です。

 

ほなの。

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す