筋トレだけしてもパフォーマンスが上がらないよ。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

例えばラグビー選手で、下半身の筋トレして、実際にスクワットとかの挙上重量が上がったのに、プレー中にすぐに転けちゃう人人いませんか?

また、ピッチャーで下半身が大事と言われて、走り込みや、筋トレで強くなったのに、全然休息が上がらないって人いませんか?

こんにちは、フリートレーナーのまんなみたかし(@m0210_takashi

です。

 

昨年の冬から指導してきた、高校野球チームのピッチャーが平均して

5kmくらい球速アップに成功して。

エースの選手は140kmに到達しそうです。

 

で、何をやっているかというと、もちろんウエイトトレーニングは大事なのでやっているんですが、まぁよく巷でも言われている

体の使い方を指導しているんですね。

基本となる筋力は絶対ですけどね。

 

でも、これを読んでるアスリートの皆さんや、スポーツをやったことがある人なら経験あると思うんです。

あいつ、あんなに細いのに何で強いの?

あいつ、俺より筋力ないのに脚速いなぁ

あいつ、体力ないのに球が速い。

何でだ?

って感じますよね。

それは、筋トレをただ単に体重を増やす。

とか

筋肉を大きくする。

ということだけに絞られたトレーニングをしているからです。

体の使い方=モーターコントロール

 

を高めなければならないんですよね。

モーターコントロールとは

訳すると、運動制御ってことです。

運動をコントロールする

イメージ通りに体を動かすってことです。

これまでのトレーニングってのは、

筋肉が強い、筋肉が硬いっという考え方だけでした。

・プレー中に動きが悪ければ、身体が硬いから柔軟をしろ。

・プレーに力強さがないから筋トレしろ。

・キレがないからダッシュしろ。

もちろん重要なんですけど。

モーターコントロールが大事なのは

鍛えた筋力や柔軟性を扱えるか?ってことが重要なんです。

可動性、

アライメント(姿勢)、

バランス(反応反射)

筋発揮のタイミング、

筋力の最適化のクイックネス、

協調性、

効果的な同時収縮

 

など、ただ単に柔らかくする、強くするという以外のトレーニングをし、それを協議動作に結びつけていかなきゃならないんです。

 

現場のコーチトレーナーの理解がなければこれってできないんですけどね。

 

数値で表れにくい部分だから。

 

 

ほなの。

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す