何でもかんでも体幹鍛えれば良いってもんじゃない。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

今日はこちらからの情報を提供する記事ではない。

全ての事はそうだけど、元根本を考えてやる事はものすごく大切なことだ!

その一つとして、よく耳にする

やっぱパフォーマンスを高めるためには、体幹を鍛えないと。という、わけのわからん理論。

について書くことにした。

一つ言っておくけど、

体幹が必要ないってこと言ってるんじゃないので、そこだけ勘違いしないように。

体幹の役割ってなんだ

一つ聞くが、なぜ体幹を鍛えるかを考えたことがあるか

そして、

なぜ体幹を鍛えることでパフォーマンスが高まるのか、

を説明できるか、それが問題である。

 

それが説明出来るのであれば、なんの問題もない。

スポーツ現場でよく耳にする話

例えば、ラグビーの現場で

コンタクト局面で当たり負けしたり、スクラムで劣勢に回った時、こんな話が指導者からされることがある

当たり負けしているから、もっと体幹を鍛えよう

これもよくわからない理論。

まず、体幹ではなく、地面と直接エネルギーをもらうための下半身が大切なはず。

そもそも、体幹だけ鍛えても力強さは出ないすよ。

体幹は他の部位と連動してこそ意味がある

ま、他の部位と比べて圧倒的に体幹が弱いとか、

怪我などなんらかの理由で弱ってしまったとかではない限り、

他の部位と連動してトレーニングした方が効果的なのかもしれませんよ。

このことに関して、

近々もうちょっと詳しく書いてみますね。

今日は少し問題提起でした。

ほなの。

 

[編集後期]三びきのこぶたを乗せて地元へ。

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す