アスリートにも余白は必要。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

アスリートは技術練習にトレーニングにミーティングに、

 

とにかくやることが多い。

 

僕が側から見ていて、成功しているチームと失敗しているチームを分析します。

 

成功しているチーム

・選手がやるべきことを明確に理解

・チームの方向性がシンプル

・やることとやらないことが明確(あれもこれもしない)

・練習時間をきっちり決めて守っている

・選手に余裕がある

 

失敗しているチーム

・選手が何をやっているのかわからない

・チームの方向性が複雑でわかっているようでわかっていない

・あれもこれも練習をやり何も得られない

・練習時間を決めない、決めてても毎回おす

・選手に余裕がない

 

まとめ

上記は一部です。

条件はいろいろありますが、基本的に

選手が前向きに取り組み、チームの方向性を理解していて、練習がシンプル。

要は当事者が迷っている状態、何か納得していない時はうまくいきません。

 

 

[編集後記]

喉の痛みと咳と気だるさがあります。

この気温と自転車は体調管理能力を問われます。

 

[娘日記]

最近は抱っこでないと寝かせられません。

でもこんな風に抱っこできる時間も、どれくらいあるかわからないので重みを噛み締めています。

 

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す