練習方法やトレーニング方法だけはでなく、休息についても学習すべき。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

トレーニングやスキルアップをするための、書籍、ネット記事などは数多くあります。

 

我々トレーナーもそういった学習をすることが多いです。

※ リカバリーの科学 iPhone 6s

 

現場でも明らかにオーバートレーニングではないかと重わえるほどの練習量をこなしている選手、させているコーチ、トレーナーがいます。

私もついつい、体に負荷をかける比重が多くなってきてしまうことがあります。

 

 

筋力トレーニングなら、その後に休息を入れることで回復し向上します。

 

スキルトレーニングならその運動を睡眠時などに脳に定着することができます。

 

運動と休息は両者のバランスで決まります。

 

 

しかし、スポーツの現場では「いかに運動をさせるか」といったことが主体になります。

 

コントロールしやすいからです。

 

休息は基本的に練習外、チーム活動外で行わられることが多いのも理由の一つです。

 

そのような理由もあいまって、指導者側の休養に関する知識や意識が薄れてしまうのです。

 

 

まず、我々トレーナーが休息に関する知識と情報を多く仕入れ、その内容と重要性について広めていかなければならないでしょう。

 

そこで、オススメなのが上記写真の書籍

「リカバリーの科学」です。

 

リカバリーについて一冊にまとめてあり、非常にわかりやすいです。

 

栄養、水分補給、ストレッチ、マッサージはもちろん

 

睡眠、コンプレッション衣類の効果、サウナに関しても触れてあり興味深いものばかりです。

 

 

何より、ここまでリカバリーについて網羅されている書籍は見たことがありません。

 

 

読んで見る価値ありです。

 

 

[編集後記]

夜、娘を寝かせると一緒に寝てしまいます。

もしかしたら娘より早く寝ているかも、、、

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す