ひとり仕事を運営していく上での生命線

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

一人仕事を進めていくうえにあたり、

 

提供するサービスと同じくらい大事であり、必ず決めておかなければならないものが、値段です。

※神戸伊川谷 cafe circus   iPhone 6s

 

値段を決めるにあたり考慮しておかないといけない点が3つにあります。

 

いくら稼ぎたいか

例えば、自分は1ヶ月でいくら稼ぎたいかを決めておく必要があります。

これは、どんな家に住みたいか、どんな服を着たいか、どんな物を食べたいか、など自分が望むものにいくらかかるのか?と考えることが必要です。

「お金はあればあるほどいい」

では、いつまでたってもお金を求め、いつまでたっても満足することができません。

 

どれくらい働きたいか

お金だけでなく、自分はそれくらい働きたいか?

週休何日か、1日何時間労働が良いか

も決めておかなければなりません。

 

いくら稼ぎたいかだけを決めて、労働時間を決めていなければどんどん時間が無くなります。

また、仕事の効率も悪くなり、レベルも上がらないでしょう。

 

サービスの価値

自分が提供するサービスの価値に相当する金額を設定する必要があります。

 

内容、1回のサービス時間、それにかかる経費などを考慮して決めます。

「良いものを安く」ではなく、

「良いものを自分の納得する価格」

 

で、提供する方が良いですし、仕事に対するモチベーションが上がります。

 

まとめ

3つのポイントを考慮し、バランスよく設定する必要があります。

どこが欠けても、理想ワークライフバランスを手に入れることができず結局長続きしないでしょう。

すでに時間や価格(給料)が決められている人でもこの考え方をして仕事をする方が良いのではないでしょうか。

 

 

[編集後記]

勝った試合の翌日はいつもより、精力的に動けます。

疲れも少ない。

選手もそうだと思います。

精神的な健康は体も軽くする事を実感しました。

 

[娘日記]

ご飯も上手に食べられるようになってきました。

スプーンとフォークを使いこなしています。

少し前までは手づかみがメインだったのに…

 

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す