駆け出しフリーランスにとって必要なのは、【収入アップ】ではなく【支出カット】です。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

はじめに

フリーランスになると、ただトレーナー活動をしているだけでは成り立たなくなります。

まず自分が活動をし報酬を得る場所を見つけることからです。

要は、フリーといえども一つの会社を経営するという観点が大切です。

まずは、お客様に喜ばれ、自分もしっかりとした生活をする。

 

そして、それの活動を継続させることが第一のゴールでしょう。

 

よくあるのが、

フリーランスになりたてで大した戦略もなく、

スタジオを借りて、

機材も購入し、

数百万の借金と月々の家賃で苦しめられるというパターンです。

これはほとんどの人はやらないほうがいいです。

継続できても苦しいからです。

 

大きな夢を持って独立することが多いので、その理想像で固定費を使ってしまうんです。

 

僕はこれとは逆にもっと、小回りのきく、ミニマムな戦略を取ることをお勧めします。

せっかくフリーランスになったのに、固定費かけすぎて月々の支払いが多すぎて、結局自由さがなくなってしまっている人が多々なので。

 

とにかく駆け出しのフリーランスは固定費を下げる!!

 

家賃を下げる。

今住んでいる場所を見直しましょう。

家賃が1万下がれば、年間12万下がります。

引っ越し代や活動場所への距離など諸々考慮して、一度考えて見ましょう。

もしくは、少し高くなっても部屋数が多いところに引っ越して、自宅の一室でスタジオを運営するのもありです。(セキュリティ面は考慮)

安い家賃の自宅 + スタジオ用のマンション

とかでも金額によってはありですね。

衣服の値段を下げる。

普段の私服やトレーニングウエアで見栄を張ってブランド品や大手メーカーはやめましょう。

有名ブランドでなくても、質がよく形の良いものはあります。

月いくら服に使っていますか?

トレーナーであれば、服ではなく、身体つきを変えてどんな服でも似合うような体型を目指せば仕事にもつながるでしょう。

携帯・スマホ代を見直す。

大手3社のキャリアを使っているならおそらく5,000〜10,000円は月々支払っているでしょう。

ちなみに僕が使っている楽天モバイルは1980円です。

5分かけ放題やギガ数は少ないですが、それは自分のマネージメントでなんとでもなります。

例えばギガ数が多いと、いつでもどこでもネットを見てしまいます。

そういう時間はもったいない。

自宅やワイファイ環境があるときだけ、スマホを見るなどメリハリをつける習慣にもなります。

それだけで月々数千円はカットできます。

外食代を見直す。

活動中にすぐに外食にお金を使ってしまう。

これも中々の出費です。

自分一人なら、昼ごはんくらいお弁当持参やパン、おにぎりなどを持って入れば簡単に1000円くらいは浮きます。

 

あとカフェ代ですね。

家でどうしても仕事に集中できない時ってあります。

そんな時に高いカフェに入らず、マクドへ行きましょう。

マクドのコーヒーは100円。しかもWiFiも繋げます。

スタバなら、タンプラーを持って行きましょう。20円引きです。

長時間なら、レシート持っていけば100円ほどでお代わりができます。

 

まとめ

今までこういうことを意識してない人であれば

僕の経験上、月3万円は削減できます。

これだけの意識で、一人5000円でクライアントをサポートしているトレーナーなら、6人分のセッションです。

これがどれほど貴重なことか

駆け出しトレーナーが3万円稼ごうと思ったら最初は結構大変です。

日数で行ったら2日ほど余裕ができたのと同じです。

そういう視点を持って、収入ではなく支出を減らしましょう。

 

ほなの

 

ブログセミナー (リンクを貼る)