フリーランスが『優秀な人』ではなく『希少な人』を目指す3つの理由

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

優秀な人を探せば、自分の周り、日本中、世界中にいくらでもいます。

そこを目指し続けるとキリがありませんし、一生競争の中で生きていくことになり、時間がいくらあっても足りません。

自身の活動する分野で、高みを目指し続け、そのために人生の全てを費やしたいというのであれば、是非そこを目指し続けるべきでしょう。

そういう方がいるからこそ、発展することが多々ありますし、必要な人財です。

 

私の場合、仕事だけの人生は望んでいないので、

他と違いを作る必要があります。

そして、その方がワクワクします。

 

※合宿でお世話になったホテル  iPhone6s

 

①少し前は私も『優秀な人』に憧れた

18歳からアスレティックトレーナーを目指し、専門学校に入学。

 

卒業後もスポーツ現場にこだわり続ける日々。

 

常に他と自分を比べ、行動し結果を出し優秀な人になるという事だけが原動力でした。

優秀になりたくて仕方がなく、人に認められることばかりを優先し、休みもなく、友人関係、家族との時間、盆、正月…

全てを仕事に費やしていました。

 

楽しかったですが、自分の人生のバランスの悪さに気づいた20代でした。

 

30代は自分の人生に改革をもたらしたいです。

当ブログは、その手段でもあります。

②日々模索する、それ自体が楽しい

今も、仕事の比重が大きく、バランスが良いとは言いえませんが、家族、健康、お金などとの兼ね合いを考え実践したり、

自分は『何がしたいのか、どう生きたいのか?』を考え、働き方を試行錯誤しています。

また、アスレティックトレーナーという職種にこだわらず、『自分が世の中に提供できる価値とは』なんなのか?

尚且つ、ひとりだからこそできる仕事、生き方を模索し、それを存分に楽しみます。

ブログを書くことで自分軸が見つかるかもしれません。

③希少な存在 + 役に立つ = 自分だけの価値提供

辞書では、『希少=ごく珍しいほど少ししかないこと。』とあります。

ただ珍しいというだけでは、仕事になりません。

誰かの『役に立つこと』を加えることで、自分にしか提供できない価値を生み出すことができます。

自分にしかできない価値を作り、それを必要としている人に提供する。

この業界でブログを毎日更新すると決めている人を、私は見たことがありません。

『希少な人』ということはある程度クリアしているでしょう。

そして、経験、視点、情報を書くことで、

『自分にしかできない価値提供』をしていることになるしょう。

 

 

競争し続けて疲弊するより、その方が楽しい気がします。

 

まとめ

 

過去の経験、私も模索中である現実、自身の考え方を書きました。

何も見つかっていないようで、この経験自体が誰かの役に立つかもしれません。

私には、業界の矛盾、仕事・プライベート・収入、それを解決した人、その方法を教えてくれる先輩はいませんでした。(自分が気付いていなかっただけかもしれませんが。)

『家族や自分の時間なんて作ろうと思うから苦しいんだ』という諦めに近いアドバイスをする人も多かったです。

この業界はもちろん、他の業界でも「生き方、働き方」で悩んでいる人は多いでしょう。

そんな人の力になれるのではないか、と予感しています。

 

[編集後記]

やっと強化合宿が終わりました。

楽しくもあり、しんどい5日間。

 

[娘日記]

トウモロコシを「あ、おいち」と言いながら食べている動画を送ってもらいました。

どんどん言葉が増えて言ってます。

このブログを書いてから、家に帰るので、楽しみです。

 

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す