【会社を辞めて独立】を反対されたとき、やっておくべきこと。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

まえがき

こんにちは!

絶賛フォロワーを募集しています。

これからはSNSにも力を入れたい、いや、入れる。

まんなみです。

Twitter(@m0210_takashi

そのために、プロフィール写真も変えました。

「もっと笑われへんのか?」など、いろんな意見があると思いますが、無視します。笑

で、今日、なんですけど。

このblogを見ている人は

独立したいなぁ

フリーランスとして仕事したいな

って思ってる人が比較的多いと思うんです。

多分。

 

で、それを身近な人に相談すると、まぁほとんどの人は反対しますよね。

そこで諦める人も多い。

でも、そこで考えて欲しいんです。

 

①本気で独立したいかをもう一度考える

まずね、みんな心配しているからこそ反対するんです。

そこで、気持ちが萎えてしまうようなら、独立なんてしないほうがいいんです。

正直向いてません。

今から自分の商品やサービスを0から売っていきたいという人が、反対された程度で萎えてしまうようなら無理です。

 

もっと萎えてしまうようなこと、これからいっぱいあるでしょうし。笑

 

反対された時に、自分が本当にそれをやりたかどうかがわかるし、本当の意味で考えることができます。

その時の気持ちが答えなんですよね。

②反対された相手に真摯に想いを伝える。

自分の気持ちの整理ができたら、その想いを伝えましょう。

正直、絶対成功するなんて言えませんし、独立前の人が相手を納得させる論理的な説明って難しいと思います。

もちろん、必死になって考えることは必要ですが。

世の中にある既存のサービスでない場合もありますから、成功例がないかもしれませんし。

 

そうなったら、自分がどれだけそれをしたいか?

なぜそれをしたいか?

そのさきに何があるのか?

ということを伝えることが大事です。

 

で、独立する人にとって、この情熱とそれをプレゼンして

納得してもらう力、興味を持ってもらう力、応援してもらう力

というのはものすごく武器になります。

 

そのトレーニングという意味でも、まず身近な人になった納得してもらう。

もしくは、納得はできないけど一度頑張ってみれば?といってもらうくらいはできるはずです。

③納得させられない、それでもやりたいなら離れることも…

自分の気持ちを整理し、それをしっかりと伝えても、否応無しに反対する人とは距離をおきましょ。

自分のビジネスを進めていく上で、反対に対して常に対応していく労力があるなら、仕事に取り組んだほうがいいです。

やっていくうちにだんだんと応援してもらえるようになることもありますし、どうしても反対しかされない人とは離れるほうがいいです。

それを真摯に受けとめてやっていく覚悟が必要なんです。

 

信じるべきは自分です。

 

それが独立するということだと思います。

 

 

ほなの。

 

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す