やりたいことを見つける方法。【直感に従い行動し、それを分析する】

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

久々の再会で学んだこと

今日は四日市で、以前契約していたチームで主将を務めた男と再会しました。

なんでも今後フリーランスとして活動したいとのことなので、色々な話をしました。

数時間でしたが、話している中で僕の中でも多くの気づきや思考の整理ができ、勉強になったので記録しておきます。

 

やりたいことを見つけるには直感に従って行動できるかどうか

この男、悩んでいると言っている割には、もうすでに自分のクライアントを6名も獲得していて、行動していました。

別にアドバイスすることなんてなく、そのまま直感に従って行動していけば、道が開けるように思いました。(絶対大丈夫)

なぜかって、ほとんどの人はまず、以下のような状態になりがちです。

・直感が湧いても、世間体や周りの反応が気になってそれを消す

・言葉にできない不安感があり、から行動できない。

だから、まず行動できる人自体が少ないんですよね。

10人いたらおそらく8人は行動しない。。

行動をしている時点で、ものすごいアドバンテージを得られるわけです。

 

直感に従って行動したことを分析する

 

で、行動したら次のステップ。というか、行動しながら常にですが。

その直感や行動を分析します。

・例えばトレーニングが好き

なぜ?

→トレーニング後の爽快感がたまらない。とか

→トレーニングで引き締まった体を見るのが好き、見せるのが好き

・飲み会が好き

なぜ?

→みんなで騒ぐのが好き

→深い話ができるから好き

→単純にお酒が好き

などというように、自分が好きなこと、直感で行動したことを掘り下げて分析すること続けていけばいずれ、本当にやりたいことに近づきます。

 

僕であれば、トレーナーという職業は

・体を良くしたい

・体について興味がある

・人に何かを教えるのが好き

・人と話すのが好き

・頑張っている人を応援したい。

など、ものすごく簡単に言えばこういう好きな理由があります。

上記の掘り下げにより、別に身体のことだけでなくても、人を応援することもしてみたいな!

ということに気づき、対面でのセッションによるコーチングを行なっているんですよね。

行動ができた人は

なぜ好きなのか?

なぜそのことばかり考えてしまうのか?

ということを掘り下げて見ましょう。

 

無理にしぼろうとしなくて良い

やりたいことを見つけたいという思いから、すぐに何か特定の分野に絞らなくては!

と思いすぎなくても良いです。

一見、バラバラに見えるあなたのやりたいことはどこかでつながるはずです。

直感に従い行動し、それを分析する作業

をやっていれば、点が線となりつながる時がくるでしょう。

特に20代は1つに絞ろうとするとしんどくなるし、なんか窮屈になります。

 

要は、思いついたことはなんでもやってみればいいと思います。

その経験はものすごい財産になります。

 

まとめ

30代の僕でもまだまだ模索中です。

そしてそれは40代50代になっても続くでしょう。

でもそれが楽しいんです。

答えが出ることではなく、その模索自体を楽しむことができれば変な焦りは消えるんじゃないでしょうかね。

 

[編集後記]

けーすけありがとう。

名古屋からわざわざでてきてくれて嬉しかった。

僕の方が勉強させてもらいました。

[娘日記]

三重なので会えず。

何してるかな。

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す