ビジネスマンが家事を苦にしない方法

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

私は基本的に家事は好きではありません。

 

特に家で私がやる家事で言えば、洗濯、掃除、食器洗いでしょうか。

家事全般ほとんど妻がやりますが。。。(頭が上がりません。)

 

家事を気持ちよくやる方法を日々試しています。

 

※夕方 自宅前 iPhone 6s

 

①考え事を準備しておく

例えば、掃除、洗濯、洗い物はあまり思考力を使いません。(やり方や順番などはありますが、、)

その時間に、考えたいテーマを準備しておき、家事をしながら考えます。

意外と家事の方が早く終わってしまい、もう少し考え事をしたいのにな。なんて事が多いですし、良いアイデアが浮かぶ事もあります。

 

家事の後、時間を確保して続きを考えても良いですし、次の家事の時に考えようと決めていれば、家事をしたくなります。

 

②音楽、オーディオブックを聴く

お気に入りの音楽を聞いて、気分を上げてリラックスしながら家事をすると楽しいです。

特に天気の良い日の洗濯と好きな音楽との相性は抜群です。

もしかすると、ただ単にリラックスし音楽を聴くだけより良いかも?と思うほど気持ちが良いです。

またオーディオブックを聴き、自己啓発を行なっても良いです。長時間のものが多いので、年末の大掃除の時なども良いかもしれません。

③主体性を持つ

既婚者の場合、男性は「手伝い」という感覚が強いのではないでしょうか。

私もそんなつもりはなくても、心のどこかで妻に任せている感覚があります。

こうなると、途端に家事が億劫になってきます。

「自分の仕事」という意識を強く持ち、主体的に家事をするように心がけている時は動けます。

 

「仕事や日常生活の余力」でやるのではなく、家事を見据えたスケジューリング、時間配分で生きていく方が良い気がしています。

 

まとめ

まだまだ、家事時間が少ないと感じています。

男性が家事を主体的に行うようになれば、仕事も家庭もより良い環境になるのではないか?と考えています。

偉そうには言えませんが。。。

 

[編集後記]

午前中に自宅サロンにて施術、カフェにて打ち合わせ

午後から家族で買い物、ショッピングモール、コーナン、ニトリとハシゴして、土鍋を探しました。

何気ない買い物が楽しかったです。

 

[娘日記]

とある理由で病院へ。

お医者さんからは心配いらない、という事で一安心でした。

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す