朝活、早起きの秘訣

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

早起きの効能は無限にあります。

そして、それは大げさではなく人生を大きく変えてくれると感じています。

しかし、中々できない人が多いのではないでしょうか。

 

数多くの効能がある早起き、しかし実践するためのポイントはいたってシンプルです。

※雲に隠れた日の出 iPhone 6s

 

 

①早起きの効能を知る

朝起きるのは辛いです。

早起きを実践するには、その辛さを超える何かが必要です。どんなメリットがあるかを挙げてみます。

・誰にも邪魔されない時間を確保できる。

・仕事がはかどる

・起きることを乗り越えれば、あとは気持ち良い

・好きなことをしても誰にも文句を言われない

・ゆっくり落ち着いて朝の時間を過ごせる

・電車が空いている

・空気が澄んでいる

・時間管理が上手くなる

・頭が冴えている

・アイデアが浮かびやすい

・健康に良い

などなど、人によっても様々なメリットがあります。

また、「早起き」と考えず。

1日の中で、一番元気で誰にも邪魔されず、好きなことをする時間が2時間できる。

と考えると嬉しいくないですか?

 

 

②早く起きるのではなく、早く寝る

早く起きようとしても、夜遅く寝ていては起きられません。

当たり前ですが、これが意外とできないものです。

やることがいっぱいあって、、、と思われるかもしれませんが、やるべきことをやめ、思い切って早く寝てみましょう。

そして、次の日の朝やるところから朝型生活のスタートです。

効率も上がります、朝家を出なければならないというリミットもあります。

 

③食べ過ぎない

夜食べすぎると、翌朝胃のあたりが重く、体がだるいです。それでも起きた方がスッキリするのですが、起きにくいものです。

腹八分目にしておくか、夜のウォーキングがオススメです。

今の季節はより良いでしょう。

食事をし家事だけ済ませて、仕事は明日の朝と決めておいて。

ゆっくり寝ましょう。

携帯、テレビ、パソコンなど電子機器をあまり見ないことも良いでしょう。

 

まとめ

早起きのポイントは夜の過ごし方、割り切る気持ち、時間管理にあります。

私もだいたい5~6時台に起きます。

まだまだ早起きを活かしきれていません。

ずっと継続していくものだと思っています。

 

[編集後記]

1日半の休暇を終えました。

今日からまた仕事を楽しみます。

開幕まであと二週間。

[娘日記]

最近は起きると、一人でずっと喋っています。

他にも、指をさして物に話しかけたりおしゃべりが好きです。

 

 

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す