アスレティックトレーナーを目指す学生が知っておくべき仕事事情。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

アスレティックトレーナーを目指す学生が絶対にぶち当たる壁。

それは、働き方の問題です。

 

耳の痛い内容かもしれませんが、絶対に理解しておくべきです。

そして、学校では絶対に教えてくれません。

特に、以下の内容を目指す学生は必須です。

・アスリートの専属トレーナー

・スポーツチーム(プロ、実業団、大学など)

 

就職は限りなく0に近い。

アスリートの専属トレーナー、スポーツチームのトレーナーとして就職するという案件は0に近いです。

というか、以下の理由は読めばそれがそもそも成立しないことがわかります。

・理由①

トレーナーの基礎的スキルを身につけただけの若者に、体を預けるアスリートはいないし、チームの健康管理を任せる責任者もいない。あなたがアスリートとだとしたら、上記のような専門学校や大学を卒業したてのトレーナーにサポートをお願いするでしょうか?

・理由②

アスリートやスポーツチームの専属トレーナーになりくて、治療のスキルや知識、経験が豊富なトレーナーは星の数ほどいる。

・理由③

学校では、知識は教わるけど、それを実際に選手に施すような内容を習得できない。また、現場での選手との関わり方は学べない。実習はあるけど。それだけでは厳しいですし。

・理由④

就職=正社員、社会保険などの保証と定義するならば、そもそもアスリートやスポーツチームに所属する際の契約内容として、いわゆる就職という形を取っているところが少ない。

 

こんな感じで、まず学生上がりでアスリートやスポーツチームと契約できるレベルではないこと、そのレベルに達していたとしても、いわゆる就職をしたいなら色々考え直すべきです。

 

トレーナーの世界は厳しいですよ。と言いたいのではなく、この業界に足を踏み入れる上で、根本的な考え方や働き方、自分にとっての安定、幸せとは何か?を考えておく必要があります。

 

そして、先生はそれを教えてくれません。

先生の考えは教えてくれるかもしれませんが、あなたにとっての答えは誰も持っていません。

あなたしか持っていないんです。

そして

先生として、あなたの目の前にいるということは、もうその人は現役のトレーナーではないからです。

 

非常勤講師などで、現場で働きながら学校で教えてくれているなら別ですが、その辺りを見極めてアドバイスを求めるべきでしょうね。

 

あなたが、専門学校や大学、その他教育機関で学びながらアスレティックトレーナーとしてアスリートやスポーツチームで働きたいのならば、学校の先生ではなく、実際にあなたが目指す理想のトレーナーと人脈を作るべきです。

やり方は簡単。

あなたが目指すようなスポーツチームのホームページにアクセスし、スタッフやトレーナーを探してみてください(たいがいのってます)

で、直接問い合わせホームやアドレスが載っていればメールを送ればいいですし、SNSで探してメッセージを送りましょう。

 

本気なら、必ずそういった人脈とつながることができます。

本気なら。

僕も学生の時、そういったことを何度も繰り返してきました。

今でも、気になる人がいれば、そうやって繋がります。

先週も…。

この業界で曲がりなりにも10年いる僕がやっているのですから、学生のあなたがやらないなら、一生理想の仕事はこないでしょう。

 

やりたくないなぁ。めんどくさいなぁ。

そういう行動がめんどくさいなぁと思ったなら、向いてないかもしれないですね。

 

個人的な意見ですが。

ブログセミナー (リンクを貼る)

コメントを残す