パーソナルトレーナーはお客様に【契約の継続ではなく運動の継続】を促すべきだ。

Pocket

ブログセミナー (リンクを貼る)

はじめに

僕たちパーソナルトレーナーが担っている大きな役割として

運動指導があります。

それ以上に運動継続を促す、定着させるということが最も大切です。

どんなに良い指導で運動を行ったとしても、その運動を継続しなければ意味がありません。

ということは、

運動継続を促すために教育をして行く必要があります。

お客様に教育?ってなんとなく違和感かもしれませんが。

僕らは健康に関する知識や考え方、必要性を提供することが責務だからです。

運動の継続を促す教育とは

まずは、1回のエクササイズや運動を行うだけでは、

健康は保てないこと、をお客様に伝えて行く必要があります。

1回で一生健康を保てるような技術を身につけろよ!

と思われるかもしれませんが、そもそも運動とはそういう類のものではありません。

そして、適切な運動を適度に行った先にどんな人生が待っているのか?

ということをしっかりイメージさせてあげなければなりません。

要は運動をするメリットです。

これがなければ人は動きません。

 

  1. 知識の提供
  2. 思考の変化
  3. 行動の変化
  4. 習慣の変化
  5. 身体の変化

 

このプロセスで、しかものプロセスを繰り返して行くことで身体は変わります。

そして、その先により良い人生が待っているんですね。

契約の継続と運動の継続

は似ていますが、最悪、自分の元からお客様が離れたとしても、運動を継続してくれれば最低限の役割は果たせていますよね。

自分の元でなくてもいいから、運動を継続してほしい!と心から願えるトレーナーはそもそも契約の継続もされやすいでしょうけど。

 

ここって、紙一重なんですよね。

 

 

ほなの。

 

 

ブログセミナー (リンクを貼る)